上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IBMのRAIDカードM1015にLSI SAS9210-8iの最新ファームをインストール

IBMのRAIDカードM1015にLSI logic SAS9210-8iの最新ファーム(Non-RAIDのIT版)を突っ込んでHBA化する方法。

1.USB起動のDOSディスクを作る

Google先生に聞いてください。ここでは割愛。

2.書き換えセットをダウンロード

ここから、ファームの書き換えセットをダウンロード。1.で作ったUSB起動ディスクに放り込んでおく。

この書き換えセットに入っているファームは約一年前のものっぽい。BIOSが7.17.00、MPT firmwareが9.00.00である。


3.LSI logicのサイトから、SAS9210-8iの最新ファームを落としてくる

試してみたのは、2012/2/17リリースの13.00。これをダウンロードして、展開。

展開したものから、2108IT.binと、MPTSAS2.ROMを抜き出し、2.で作ったディスクにコピー(同名ファイルがあるので上書き)しておく。

4.USBディスクで起動

wipeout.batの実行
再起動(しとかないと次のステップで失敗することがある)
lsi9210.batの実行

※「“ERROR: Failed to initialise PAL. Exiting Program.”」が出るときは、マザボを変えてみる。
どうやら、sas2flshが動くマザボと、動かないマザボがある模様。

sasprog.batの実行
(SASIDが500605b111111111になってしまう。あらかじめ、ボードにプリントしてあるIDをメモっておき,sasprog.batのID部分を書換えておくとよい)


自己責任でどうぞ。


※SAS9211-8iのファームも入った!(2118it.bin)



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ


最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。