上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7からWebDAVを経由でSkydriveを使う

 Windows7のエクスプローラでSkydriveにアクセスする方法を紹介します。

 Windows7では、エクスプローラを使ってWebDAVのファイルサーバアクセスできます。そして、SkydriveにWebDAVで接続する方法があります。この二つを組み合わせると、エクスプローラでSkydriveにアクセスできます。

 まず、SkydriveにアクセスしWebDAVのサーバ名を見つけます。適当なWordファイルをSkydrive上で作成し、「Wordで編集」をクリックすると下記の確認画面が出ます。このアンダーラインを引いた箇所がWebDAVのサーバ名です。
Skydriveホスト名の確認

 次にフォルダ名を確認します。Skydriveにアクセスしている時のURLの一部です。cidに続く16進数をメモリましょう。
Skydriveパスの確認

 そして、次のUNCパスをエクスプローラで開きます。
\\XXXXX.docs.live.net@SSL\YYYYY\最上位フォルダ名\
※XXXXは1番目に確認したサーバ名です。
※YYYYは2番目に確認した16進数の文字列です。

 ユーザ名・パスワードを聞かれるので、WindowsLiveのアカウントとパスワードを入力します。最上位のフォルダは隠しフォルダになっているので、フォルダ名は手打ちしてください。

 エクスプローラでアクセスできるので、コピペや名前の変更がかなり便利です。





コメントの投稿

非公開コメント


カテゴリ


最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。