FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ooenvswitch(ovs)+VXLANの設定

CentOSでVXLANを実装する方法は2つ。
①iproute2を使う。
②openvswitchを使う。
②は今のところマルチキャストに対応していないらしい。

・openvswitchのインストール(ブリッジとして使うだけ)

sudo yum install -y https://www.rdoproject.org/repos/rdo-release.rpm
sudo yum install -y openvswitch
systemctl enable openvswitch
systemctl start openvswitch

・VXLANの設定
ip link add vxlan5001 type vxlan id 5001 group 239.1.1.1 dev enp2s0f0 dstport 4789 ttl 10  #vxlan5001という名前のvxlanデバイスを作成。マルチキャストグループは 239.1.1.1 。 enp2s0f0がマルチキャストをしゃべるインタフェース。(ユニキャストももちろん使う)。 #ほぼ同上
ip link add vxlan5002 type vxlan id 5002 group 239.1.1.2 dev enp2s0f0 dstport 4789 ttl 10
ip link set up dev vxlan5001 #デバイスの有効化
ip link set up dev vxlan5002 #同上

・ブリッジの設定
ovs-vsctl add-br ovsbr5001 #新しいブリッジを作成
ovs-vsctl add-br ovsbr5002
ovs-vsctl add-port ovsbr5001 vxlan5001 #ブリッジにvxlanデバイスを追加
ovs-vsctl add-port ovsbr5002 vxlan5002
ovs-vsctl add-port ovsbr5001 enp5s0 #ブリッジに物理IFを追加
ovs-vsctl add-port ovsbr5002 enp2s0f1


#確認コマンド
ovs-appctl fdb/show ovsbr5001
ovs-vsctl show
ip -d link show




カテゴリ


最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。