FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひかり電話用AD200SEバージョンアップ(5.52)

ひかり電話用のVoIPアダプタAD200SEがバージョンアップ(3.22→5.52)されていました。

気づいた変更点は
・DHCPサーバを無効にできるようになった
・NATテーブルが見えなくなった
・IPv6アドレスが表示されなくなった
・設定画面が変わった(けど設定できる内容は多分今までとほぼ同じっぽい)
・発着信の履歴が見やすくなった。内線通話の履歴が出るようになった。

気になるのが機器の現在の状態確認で「動作モード :光プレミアムモード」という表示です。同じ機器を別の回線サービスで利用できるようになるのかも。

同一IPから複数レジストできるようになっているかはまた試してみます。




ZFSでCIFSを使うとスナップショットが便利

VSS

CIFSを有効にしたZFSで、WindowsXPからフォルダのプロパティをみるとなんと「以前のバージョン」が!(WindowsServerではVSSと呼ばれている)
zfs snapshotコマンドでスナップショットを取ったタイミングでできているらしい。

当たり前と言えば当たり前なんだけど、さっきはじめて気づいて感動した。恐るべし、ZFS。

tag : ZFS OpenSolaris


ESXi4ではRCLIの動作に制限あり、VMwareに物申す。

 3.5のころまでRCLIのvmware-cmdコマンドで仮想マシンの操作をしていたが、4.0.0にあげてからエラーメッセージで使えなくなった。

Operation cannot be performed.

SOAP Fault:
-----------
Fault string: fault.RestrictedVersion.summary
Fault detail: RestrictedVersionFault

 調べてみたところ、ESXiのフリー版は、コマンドラインからだとReadOnlyのみに制限されていて、ESXiに対して何かをキックすることができないらしい。使いたければ有償版のライセンスを買えとな。うげ。

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1006543

 アップグレード直後に動いていたのは評価モードで制限がなかったかららしい。ライセンスを一時的に無効にして評価モードにしたらきちんと動いた。これじゃAsteriskから起動とかシャットダウンができねぇ~~~!!仮想ホストのバージョン上げてしまったからもう3.5.0には戻れないし・・・。hostops.plもなくなってるし使い物にならんじゃね~か!?


OpenSolaris2009.6にVirtualBox3.0.0をインストールする

http://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
からOpenSolais用パッケージをダウンロード、tar.gzを展開。

解凍したpkgファイルをpkgadd。

# pkgadd -G -d VirtualBoxKern-3.0.0-SunOS-r49315.pkg
# pkgadd -d VirtualBox-3.0.0-SunOS-r49315.pkg

途中色々聞かれるが、全部yとかDefaultで。

インストールが終わったら、
# VirtualBox
で起動.

あとはGUIが出るので、ご自由に。
結構簡単だけど、安定して動くかな?

仮想マシンのデスクトップにアクセスするのにリモートデスクトップ
クライアントが使えたりするんだけど、マウスカーソルがゲストと
RDPクライアントでずれていたりして操作性はいまいち。


tag : OpenSolaris VirtualBox



カテゴリ


最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。